プライムイングリッシュの本音口コミレビュー!勉強法と効果を解説

プライムイングリッシュ口コミ体験談です!子育て中の主婦がスキマ時間で6ヶ月勉強を続けた効果を詳しくレビューします。良い評判は本当か?を実践しながら検証し、教材を本音で評価します!勉強法のコツや子供の早期英語教育についても。

東京オリンピックボランティアに必要な英語力は?英会話力アップの方法とは

f:id:yhanamizuki:20180704104849p:plain

 

2020年の東京オリンピックまであと2年!

 

オリンピック競技大会は2020年7月24日(金)~8月9日(日)、

パラリンピック競技大会は2020年8月25日(火)~9月6日(日)に開催されます。



東京オリンピックボランティア募集の詳細が発表されました。


f:id:yhanamizuki:20180704104621p:plain


ボランティアにはどんな種類があるの?

ボランティアに参加するにはどれくらいの英語力が必要なの?


についてまとめたいと思います。

 

  

東京オリンピックのボランティアの種類

f:id:yhanamizuki:20180704110754p:plain

東京2020大会のボランティアは、大会ボランティアと都市ボランティアに分かれています。

その内訳は、

・東京2020組織委員会が募集する大会ボランティア(8万人)

 

・東京都が募集する都市ボランティア(3万人)

 

・その他、競技会場が所在する自治体が募集する都市ボランティア

となっており、11万人以上の活躍が想定されています。

 

f:id:yhanamizuki:20180705044447p:plain

「大会ボランティア」は競技会場や選手村等の大会関係施設でのサポートを行います。

オリンピックの大会運営に直接かかわることができるボランティアですね!

世界各国のトップアスリート達のお手伝いができるなんて、夢のようです。


 

f:id:yhanamizuki:20180705051959j:plain

「都市ボランティア」は空港や駅周辺などで、国内外からの旅行者に対する観光・交通案内などを行います。

世界各国から日本にやってくる観光客たちをサポートするボランティアというイメージです。


活動日が重複しないように注意すれば、大会ボランティアと都市ボランティアの両方に応募することも可能です。

 

東京オリンピックボランティアに応募できる人は?

ボランティアには、2002年4月1日以前に生まれた全ての人が応募できます。


五輪開催国の一員としてオリンピックに携われるなんてすごいことですよね!


 

私もすごく興味があります!


大会ボランティア、都市ボランティアともに、2018年9月中旬から応募期間が始まります。

 

気になる英語力!どのくらい必要なの?

f:id:yhanamizuki:20180705045457j:plain


ボランティアとして参加するとなると、国内だけではなく海外から来る選手や観光客のサポートが必要となります。

 

ボランティアとして参加したいけど、英語が話せないとダメなじゃないの?

と気になりますよね。

 

オリンピック公式ページの応募資格を見ると、

・東京2020大会の大会ボランティアとして活動したいという熱意を持っている方

 

・お互いを思いやる心を持ち、チームとして活動したい方

 

・オリンピック・パラリンピック競技に関する基本的な知識がある方

 

・スポーツボランティアをはじめとするボランティア経験がある方

 

・英語、その他言語および手話のスキルを活かしたい方


となっており、「英検〇級以上」「TOEIC〇点以上」などの条件はありませんでした。


「英語できない人は応募できない」ということは全くありません!

 

「よくある質問」に以下のようなものがありました。

f:id:yhanamizuki:20180704111826p:plain


Q.英語が苦手なのですが、応募できますか。

 

A. 語学力が必要ない活動内容も多くあるため、語学に自信がない方でも、ボランティアとして活躍したいという熱意を持っている方には、積極的に応募いただきたいと考えています。

外国から選手・大会関係者・観客が多く来日することや、ボランティアにも多くの外国人が参加することも想定されるため、
外国語での挨拶や日常会話などができると、より楽しんで活動いただけるのではないかと考えています。


この回答にも書かれている通り、 

参加するからには、英語が全く話せないより少しでも話せるほうが絶対に良いですよね!

 

少しでも多く海外からの選手や観光客の手助けができるし、何より自分自身のモチベーションが全然違ってくると思います。


オリンピックボランティアの選考も、まずは書類選考からなので、

「TOEIC〇〇点以上」などの実績があるほうが、選ばる可能性が高くなると考えられます。

 

オリンピックボランティアとして目指す英語力:TOEICは何点必要?


オリンピックボランティアとして無理なく英語を話すには、どのくらいの英語力が必要なのでしょうか?

以下のようなデータがあります。

 

・企業が新入社員に期待するTOEICスコアは、565点

 

・通訳業務の最低ラインは英検準1級 または TOEIC730点

 

・外国観光客相手の観光ガイド「通訳案内士」の試験は、英検1級 または、TOEICスコア840以上で筆記試験が免除


TOEICの点数が高い=英語を話せる ということではありませんが、

700点以上あると、書類選考や面接時にもアピールしやすいでしょう。

 

ボランティアに一番必要なのは英会話力!会話力を劇的にアップさせるには?


TOEICは英語力をはかる目安にはなりますが、実際に外国の人と英語を話すために絶対的に必要なのは、

英会話力です。


リスニング力、スピーキング力をアップさせて、外国の人と臆せず話せる英会話力を身につけましょう。

 

英会話力を身に付けるには、やはり実践が大事!

 

英会話スクールでネイティブの人と話したり、一人でも実践演習ができる教材で学習するのがおすすめです。

 

オンライン英会話で実践練習!「hanaso」が人気

最近では自宅で受講できるオンライン英会話が人気です。

場所と時間に縛られることなくレッスンが受けられるのが良いですね。

f:id:yhanamizuki:20180704114432p:plain

オンライン英会話「hanaso」は、スタディサプリの名物講師として有名な関先生が、

英会話フレーズ・発音トレーニング監修している人気のオンライン英会話スクールです。

 

f:id:yhanamizuki:20180704114557p:plain

 

レッスンはすべてマンツーマンレッスン。

基本の英会話から旅行英会話、ビジネス英語、TOEICボキャブラリなど、様々な教材が用意されていて、自分の目的に合った教材を選んでレッスンを受けることができます。

 

月々のレッスン料も3,000円台からのコースがあり、とてもリーズナブル!

体験として2回の無料レッスンを受けることができるので、試す価値アリ!です。

 

f:id:yhanamizuki:20180705050519j:plain

 

 

英語教材でも実践演習ができる!プライムイングリッシュで英会話力が劇的にアップ

「プライムイングリッシュ」は、独学でもしっかりと実践演習できる教材です。

 

f:id:yhanamizuki:20180622150658j:plain

ただの聞き流し教材ではなく、スピーキングの実践演習がしっかりできるんです。

 

各テーマの最後に「なりきりトーキング」というスピーキング練習があり、登場人物の一人になりきって実践演習を行います。


相手が話すスピードも、自分が話すのに与えられた時間も通常の会話スピードそのものなので、
「限られた時間の中で、相手に言いたいことを英語で伝える」という練習がしっかりできます。

最初は難しいけれど、練習を続けるうちにいつの間にか自然な英語が話せるようになります!

 

 f:id:yhanamizuki:20180623091920j:plain

プライムイングリッシュは、海外ドラマのようなストーリー展開で、楽しみながら日常英会話を学ぶことができます。


また、ネイティブの発音ルールである「音声変化」を学ぶことができるので、今まで聞き取れなかった英語が聞き取れるようになり、自分でも話せるようになります。


私もプライムイングリッシュで勉強を続け、リスニング力とスピーキング力が劇的にアップしました!


私のリアルな体験談はこちらにまとめています。

www.prime-english-mama.com

 

プライムイングリッシュは独学で会話の実践演習がしっかりできるお勧めの教材です。

 

f:id:yhanamizuki:20180705050731j:plain

 

 

東京オリンピックボランティアの応募登録は2018年9月から 

f:id:yhanamizuki:20180704140745p:plain


東京オリンピックボランティアの応募は2018年9月中旬から開始されます。


一生に一度しか経験できないかもしれない東京オリンピック。


英語力を磨いて、ボランティアとして大活躍できたら素敵ですね。


私もこれからも英語の勉強を続けつつ、ボランティアにも応募してみたいと思います!

 

 

こちらの記事もおすすめです♪