プライムイングリッシュの本音口コミレビュー!勉強法と効果を解説

プライムイングリッシュ口コミ体験談です!子育て中の主婦がスキマ時間で6ヶ月勉強を続けた効果を詳しくレビューします。良い評判は本当か?を実践しながら検証し、教材を本音で評価します!勉強法のコツや子供の早期英語教育についても。

早期英語教育は意味がない?我が家が1歳から英語教育を続けている理由

少し前に「林先生が驚く初耳学」で林修先生が、「英語が得意な親ほど、英語の早期教育を否定する」と言っていました。

「親が英語ができる」ことと「子供に英語をやらせる」ことは反比例するらしいです。 

f:id:yhanamizuki:20171219060640j:plain


英語ができる親は英語の早期教育に距離を置き、
英語ができない親は必死に英語をやらせる
 
とのこと。


我が家では、上の子が1歳のころから英語の学習を取り入れています。

子供の教育方針は家庭によって考え方が違っていて当然なのですが、
こういう話を聞くと少し不安な気持ちになってしまいます。


改めて、早期英語教育のメリットとデメリットについて考えてみました。

 

早期英語教育のメリット

2歳から10歳前後までは「脳の臨界期」とされており、この時期に外国語を学ぶのが良いという説があります。
 

幼いころからネイティブな英語に親しんでおく事で、 英語を聞き取る力がつきます。

日本人が苦手な「L」と「R」発音の違いも、赤ちゃんなら自然に聞き分けられると言いますよね。


幼児期は、本当に多くの物事を吸収しやすい脳になっています。

この時期に効果的な英語教育をすることで、今後英語を学んで可能性を広げていくための土台作りができるんです。


私はこの「脳の臨界期」にすごく魅力を感じました。

 

早期英語教育のデメリット

では、英語ができる親が子供の英語教育に積極的ではない理由は何でしょうか?

 

成長過程で英語を忘れてしまうから

子供の吸収力って本当にすごい。
でも忘れるのも早いです。

幼児期だけ英語教育を頑張っても、小学生になると他のことが忙しくてやめてしまう、というパターンがよくあります。
英語は継続して使っていないとすぐに抜けてしまいます。

 

日本語も英語も中途半端になってしまうから

母語で「考えることの土台」を作ってからでないと、言語以外でも認知する力が伸びません。

過度な英語教育を行うことでダブルリミテッド(セミリンガル)になる恐れもあります。 

ダブルリミテッドとは、2つの言語どちらも年齢相応の言語能力がついていない状態のことです

日本語も英語も中途半端な状態になってしまうと後々大変です。

 

成長してからでもやる気になればできるから

完璧なネイティブレベルの英語にこだわらなければ、本人が必要を感じてから学んでも十分英語を身につけることができます。


上述した番組でも、林先生は

「英語」=「アプリ」であり、「英語で話せる」思考能力を培っておけば、英語というアプリはすんなり入る

幼児教育は「英語力」よりも「思考力」を伸ばすべきだ

と言っていました。

  

それでも我が家が早期英語教育をする理由

f:id:yhanamizuki:20171223103608j:plain 

上の子は1歳からWorldwide Kidsでおうち英語をしています。
3歳になってから英語教室にも通い始めました。


元々、英語学習はWorldwide Kidsだけを取り入れるつもりでした。

でも私のスピーキング力の低さから、アウトプット学習がほとんどできません。
せっかくの教材も活かしきれず、DVDとCDでのインプット学習のみ。

そして、3歳になるとWorldwide Kidsよりアンパンマンが勝ってしまう…
DVDもあまり観てくれなくなってきました。

そんなとき、近所にとても良い英語教室を見つけて「ここならば」と思い、試しに通うことにしたんです。

すると、英語教室に通うようになってから子供のWorldwide Kids好きが再燃し、英語力も一気にアップしました。
教室で習ったフレーズだけではなく、過去にDVDで学んだ英語も話し出すようになったんです。 

やはりアウトプットが大事なんだなぁと実感しています。

 

我が家はバイリンガルを目指しているわけではありません。

デメリットを知りつつも英語教育を取り入れている理由は、
英語を好きになってほしいから。
そして、英語を話すことへの抵抗感をなくしてほしいから。


私自身、英語が好きだし、おうち英語は小さい時期でも始めやすかったというのもあります。

「脳の臨界期」にもちょっと期待しています(^^)

 

週1、2回程度の英語教室では英語はペラペラにならないことは分かっているし、
親が英語を話せたり、英語に自然に触れる環境にいる子供なら、早くから英語教育に力を入れる必要はないと思います。


でも、我が家のようにそういうチャンスが全くない場合は、何かしらの形で英語に触れておくのは大切なんじゃないかなと思うんです。
何もしなければゼロですもんね。

 

今はただ楽しく英語に触れて好きになってもらい。
そして、いつか英語を本気でやりたいと思った時に活かせる土台作りが出来ていればいいなと思っています。

費用対効果を考えると良くはないのかもしれまいけど、決して「ムダ」ではないはず。

 

でもただやらせて満足するのではなく、子供が教材や教室で学んだことをもっと活かせるように、もっと深く身に付けられるように、
私ももっと英語を勉強して一緒に英語を話す機会を増やしていきたい
と考えています。

 

そして「英語力」だけではなく「思考力」も育てられるように、子供にはいろいろな事をバランス良くやらせてあげたいです。


私も子供と一緒にもっと英語を話したい!
スキマ時間でできる英語教材で勉強を再開しています♪