プライムイングリッシュの本音口コミレビュー!勉強法と効果を解説

プライムイングリッシュ口コミ体験談です!子育て中の主婦がスキマ時間で6ヶ月勉強を続けた効果を詳しくレビューします。良い評判は本当か?を実践しながら検証し、教材を本音で評価します!勉強法のコツや子供の早期英語教育についても。

プライムイングリッシュ実践記 |【Skit1】「挨拶する」

私が実際にプライムイングリッシュで学んだことを記録していきます。

1週間かけて1Skitを勉強しています。

f:id:yhanamizuki:20180224060235j:plain

f:id:yhanamizuki:20180223123058p:plain 【全額返金保証付き】プライムイングリッシュの詳細を公式サイトで確認する 

【Skit1】Meeting Eveyone

f:id:yhanamizuki:20171216201456j:plain

 学習テーマ は【挨拶する】です。

 

内容

サマーが新しくシェアハウスに引っ越してきます。

f:id:yhanamizuki:20171212140725j:plain

そして住人のミック、 アキコと
「はじめまして」の挨拶を交わす場面です。

f:id:yhanamizuki:20171212140734j:plainf:id:yhanamizuki:20171212140742j:plain

簡単な自己紹介と他己紹介が学べます。

「ちょっとこっちに来てくれる?」など
日常生活で頻繁に使う表現も出てきました。

 

重要フレーズの解説

f:id:yhanamizuki:20171212112651j:plain

“My name’s Summer.”

「私の名前はサマーです。」

このフレーズで大事なのは、
”My name’s”と短縮形を使うこと。

”My name is” だと大人数を前にしたスピーチのようで大げさに聞こえるそうです。

これは初耳でした!

「My name is〜」を「My name’s」に変えるだけで一気にネイティブに近づけますね。

 

“You can call me Mick.”

「ミックでいいですよ。」

“You can call me ○○.” は初対面の自己紹介などで使います。

自分をこう呼んで欲しいということを相手に伝えるんですね。

ネイティブの人々は短いニックネームを好むそうです。

日本人はある程度距離が縮まってからニックネームで呼び合うことが多いのでちょっと慣れない表現だなと思いました。

 

“Nice to meet you, Summer.”

「はじめまして、サマー。」

初対面では“Nice to meet you.”

面識がある場合は“Nice to see you.”を使う。

 

2度目以降はつい”Hello.”と言ってしまいますが、これからは“Nice to see you.”も使ってみよう。

ちなみに、“Nice to see you.”と言われたら、

“Same here!”
“You too! (“Nice to see you again,too”の短縮形)

などと返すとナチュラルです。

 

難しかった音声変化

f:id:yhanamizuki:20171212112921j:plain

“Hi, are you new to the share house?”

(ハイ,ア ヤ ヌー ダッ シェア ハウス?)

 

“I just moved in this weekend to 208.” 

(アイ ジャス_ ムーヴディン ディスウィークエン トゥオウエイ)

 「to」が「duh(ダ)」や「tuh (タ)」に変化するため、

「ニューダ ダッ」

「ディスウィークエンダ トゥオウエイ」

という発音になる。

 

ここはゆっくりスピードでも聞き取るのに苦労しました。

音声変化によって部屋番号の「208」が聞こえづらいんですよね。


実際に会話するときは、部屋番号をしっかり聞き取ることが大切。

この「to」の音声変化は頻繁にありそうなので、慣れておく必要があると感じました。

 

ちなみに、「just」は「ジャス_」と発音。
t音はしゃっくりのように音を飲み込みます。

 

Skit1の感想

よくある挨拶の場面なので知っているフレーズも多く、音声変化以外の文章は聞き取りやすかったです。

しかし、実際に「なりきりトーキング」をしようとすると難しい!

 リスニング練習で何回も聞いていたのに、いざスピーキングとなるとさっぱりダメでした。


「なりきりトーキング」はこんな感じで進みます。

f:id:yhanamizuki:20171212123317j:plain

CDのポーズの部分が実際の会話分の長さしかないので、焦る焦る!

実際に英語を話すときと同じで、頭をフル回転させなければなりません。

でも、これがものすごくためになります。

 

英語を話すとき、言いたいことが出てこずに「あー」「えーっと」となることってありますよね。

なりきりトーキングではその疑似体験ができます。

「相手が待っている状態で、言いたいことを英語でアウトプットする」

これは独学の教材ではなかなか体験できないのではないでしょうか?

 

何度も聞いて答えを知っていても英語が出てこない。
いかにアウトプットが難しいかを痛感しました。

 

でも、なりきりトーキング練習を繰り返していると、
少しずつ時間内にスピーキングできるようになってきます。
上手くセリフが言えると気持ち良い!


さらに、なりきりトーキングは最後に、複数名の声で「Good Job!」などと言って拍手をしてくれるんです。
これ、かなりモチベーションが上がります(^^)

プライムイングリッシュは毎日CDの1トラックずつ勉強する構成になっていますが、
1トラックが短いので、私は毎日複数トラックを聞いて勉強しています。

1週間のうち、なりきりトーキングに一番時間かけています。

f:id:yhanamizuki:20171208135654j:plain



以上、Skit1の実践記でした。
教材選びの参考になれば嬉しいです♪


f:id:yhanamizuki:20180223123058p:plain 【全額返金保証付き!】プライムイングリッシュの詳細を公式サイトで確認する 

こちらの記事もおすすめです♪